忍者ブログ

鈍感紀行

11 2017/12 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 3031 01
[12/30 キレット]
[01/04 酸素]
[08/01 long]
[05/19 キレット]
[05/15 酸素]
[05/07 酸素]
[04/12 酸素]
[04/06 バビルス2世]
[03/17 アカリュ]
[02/08 妨害電波アカリュ]

12/16/04:35
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

12/20/16:29
・・・

中間の返却というブラックウェンズデイから辛うじて立ち上がり、また前へ前へと懸命に踏み出そうとしている
つい1月前まで晩秋晩秋と言っていたのがウソのような冷え込み。もうすっかり冬、あと2日で冬至だなぁ。

ついでにブラックウェンズデイ、という位だから結果は察して欲しい。
7割復権に失敗して、もうこれからのことを思うとその旅に先が思いやられて頭が重くなる。


今年のことは今年のうちに、ということで夏祭りのことを思い出しつつ書こうかと思う。
そういえば原稿書いてたんだっけな。

時計の針をざっと3月くらい戻そう。
毎日毎日キ●ガイ馬鹿の一つ覚えのように学校に通っていたわけだが(あくまで平日だけ)、
あくまでというのもその日が土曜日だったからに他ならず、
そして「学校」とわざわざ書いたのもその日学校に行ったからである。
しかしまあ、土曜日+夏休み+学校。ありえねー組み合わせ。
休みのWパンチな日に学校に行くなど、気でも狂ったのか?
--んなこたーない。学園祭のリハーサルがあったのだ。すると、桶屋が以下略
何か買出しがあるかもしれないからみんなのおサイフ会計であるところの俺は、
休日登校を強いられるというわけだ。
そういえば音響だったような気もするが、そんなことは直前までぴーだったし、
キャスト以下の皆様には迷惑のかけとおしだったが良く考えればここに書くことでもないよな。

リハーサルは滞りなく終了し、さあ速攻で帰ろうか、いやという間の某同行者Hとの雑談中。
うっかり口走ってしまった。
「今日地元で祭りなんだよな」
「行こうかな」

・・・ぱーどぅん?今何つったこいつ?
来るの?来ちゃうの?何も無いぞ?ましてや俺の部屋(多分)?
原稿部分終了。

したところでもう続きはまた今度。真夜中にやる気があれば、ってとこかな。

PR

今年は北島三郎は「祭り」じゃないのか…

学園祭に夏祭り…
いや、まぁ「祭り」って単語だけでテンションあがるよね‼
だから俺は夏が好きだぁぁぁぁあぁぁぁぁ‼

今から夏が待ち遠しいぞぉぉ!

ということで、この夏を愛してやまない気持ちを歌にしました。
これは完全に僕のオリジナルソングです。
聞いて下さい、「Summer Color」



駐車場のネコはアクビをしながら 今日も一日を過ごしてゆく
何も変わらない 穏やかな街並
みんな夏が来たって浮かれ気分なのに 君は一人さえない顔してるネ 
君に見せたい物があるんだ

大きな五時半の夕やけ 子供の頃と同じように
海も空も雲も僕らでさえも 染めてゆくから

この長い長い下り坂を 君を自転車の後ろに乗せて
ブレーキいっぱい握りしめて ゆっくりゆっくり下ってく
風鈴の音でウトウトしながら 夢見ごこちでヨダレをたらしてる 

Wo Wo

いつもと同じ 網戸ごしの風の匂い
休日でみんなもゴロゴロしてるのに 君はずいぶん忙しい顔をしてるネ
そうだいつかのあの場所へ行こう
真夏の夜の波の音は 不思議な程心静かになる
少しだけ全て忘れて波の音の中 包み込まれてゆく

この細い細いうら道を抜けて 誰もいない大きな夜の海見ながら
線香花火に二人で ゆっくりゆっくり火をつける

いつか君の泪がこぼれおちそうになったら
何もしてあげられないけど 少しでもそばにいるよ...

この長い長い下り坂を 君を自転車の後ろに乗せて
ブレーキいっぱい握りしめて ゆっくりゆっくり下ってく ゆっくりゆっくり下ってく
ゆっくりゆっくり下ってく

  • 2010年12月22日水
  • URL
  • キレット
  • 編集
Re:今年は北島三郎は「祭り」じゃないのか…
来年は蛙飛びにでも行くべし
2010/12/25 22:19

夏祭り? 行ったことないよ。

夏が待ち遠しいとか羨ましいぜうおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!
学園祭幹部は大変だな。

キレット、ギター付きで俺に聞かせてくれ!

  • 2010年12月25日土
  • URL
  • 天弧雹華
  • 編集
Re:夏祭り? 行ったことないよ。
俺なりの枕草子。

春はどうやら曙がいいみたいだが俺はそんなにプロレスを見ない。
それよりも俺は3月暮れから4月頭にかけての桜はまだかのぅ・・・
といった雰囲気やあのどうも言えんモアッとした優しい空気が大好きだ。
なぜか心が落ち着く。幸せという奴だ。

そのまま夏を語るよりも初夏というのもある。
夏に思いを巡らせ、それでいて春とも夏ともつかない、だが非常に過ごしやすい気候。ダービーやオークスを見つつ宝塚記念で〆の時期。

夏というのは言うまでも無く良い。
俺の誕生日は8/23、暦の上では処暑という日らしいがんなこたぁ無い。
断じてない。暑かろうが寒かろうが学園祭までは夏である。
夏というのは行動的、開放的になれる季節。猛烈に海を見に行きたくなる衝動に駆られ、いつものように電車に乗ってどこかに出かけていくのだ。

秋というのはあまり好きではない。
何故だか心が陰鬱になるし、歩けば暑いし止まれば寒い。
温度調節が難しく、年によってあったり無かったりして面倒だ。
2010/12/25 22:26

Re:Re:夏祭り? 行ったことないよ。

冬は?

p.s.「ふ」はHUではない!FUなのだ!

  • 2010年12月27日月
  • バビルス2世
  • 編集
Re:Re:Re:夏祭り? 行ったことないよ。
問題ない。
モーマンタイ
2011/01/20 03:37
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら
侍 SAMURAI FACTRY : 忍者ブログ : [PR]

TEMPLATE : "SOUTH HOLIDAY" CREATED BY CLOCKWORK LIFE
COPYRIGHT © フジワラ ALL RIGHTS RESERVED.